新田歯科 イメージ
August, 28, 2015

補綴学会

こんばんは

新田です。

台風が過ぎて急に涼しくなってきましたね。

 

先週末は補綴(ホテツ)学会の代議員会、総会に会計監事として参加するために一泊二日で小倉の九州歯科大学へ行って来ました。

DSC_0419

 

DSC_0418

そして,学会にも参加し,メインスピーカーの東京慈恵医科大学の斎藤 充先生のお話を聞いてまいりました.私が入局後に初めて行った出張が東京の「抗加齢学会」で,そこで斎藤先生のお話を拝聴して衝撃を受けたのを覚えております.もう10年位前の話です.斎藤先生は整形外科の副診療部長で,骨粗鬆症が専門でいらっしゃいます.久しぶりにお話を拝聴しましたが,斎藤先生のエネルギッシュなパワーはまったく衰えておらず,90分があっというまでした.

内容をざっくりとお話しますと,

骨粗鬆症による骨折を防ぐには「骨密度」だけではなく,「骨質」が非常に重要な因子である.

「骨質」は糖尿病などの慢性疾患で老化が進む.

「骨密度」に問題がある場合,「骨質」に問題がある場合,「骨密度」「骨質」両方に問題がある場合の3パターンがあり,それぞれ対応を変えていかなければならない.

といったところでしょうか.(「http://ameblo.jp/medicare-news/entry-10710644333.html」こちらのブログで斎藤先生のことが詳しく説明されています.)

10年前に私が何に衝撃を受けたかというと,斎藤先生の発表のスライドのほとんどすべての参考文献(論文)が,ご自分で書かれたものだということです.10や20ではありません.100以上の論文を自分で研究,実験して書かれたというのがすごいのです.エビデンスがなければ,自分で作って目標に突き進んでいく,,,すごいです.

新田歯科ではエビデンスを非常に大切にしております.私たち医療人が治療の唯一の拠り所とできるのはエビデンスだけなのです.客観性と専門性を高く維持し,患者さんに高い質を提供するためにはとても大切なことです.斎藤先生のようにはいかないまでも,できる限り治療の根拠を明確にしなければならないと再確認いたしました.

 

Recent Entry

2020.09.14 台風一過

台風の被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。   台風一過でかなり涼しくなりましたね。 先日の台風で被害は出ていませんでしょうか。新田歯科では看板が取れちゃいました。。。やはり長崎を通る時は風が強い […]

2020.07.16 診療時間について

長らく更新が途絶え申し訳ございませんでした。災害のあった地域の1日も早い復興を祈っております。 コロナ渦で診療時間を短縮しておりましたが、これを機に水曜日を休診日といたしました。代わりに第1、3、5土曜日をお昼までだった […]

2020.02.26

新型コロナウイルスで苦しんでいる方々に心よりお見舞い申し上げます。一日でも早い収束を願っております。   春から福岡市内の多くの公立中学校の制服がブレザータイプになるんでしたね。私は首回りが非常に繊細で、あの学 […]

2020.01.02 謹賀新年

旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。     今年も無事に凧揚げできました。今年も頑張りましょう!!!

2019.12.05 真の無限キャベツ

あっというまに12月、、、夏が長く秋が短くなった気がします。今の日本の気候から冬を取ったら完全に亜熱帯の気候なのだとか、、、地球温暖化はいよいよ深刻なのでしょうか。このところ急に冬の気候になって体調不良による歯痛を訴える […]

2019.10.17 さびき釣り

朝晩はすっかり冷え込んできましたね。 先日子供を連れてアジ釣りへ行ってまいりました。海釣り公園に行くつもりが、東からの風が強かったので断念して糸島半島の西側の西浦漁港まで足を運びました。 釣果はというと、、、アジ0匹、イ […]