新田歯科 イメージ

こんにちは

さて、この度、病院前にブラックボードを設置いたしました。内容は概ね月一回のペースで変えていきます。歯やお口の健康に関する内容で、付属のケースに関連チラシも入っていますのでご自由にお持ち帰りください。

今月は表面が「定期検診は本当に必要?」と裏面が「夏の3つの注意」です。

一目瞭然ですが、もちろんプロのデザイナーさんにお願いしております。

なお、雨や風に弱く、飛ばされたりしてはいけませんので、基本的には診療時間中の設置となりますのでご了承ください。うまく工夫して常設したいのですが、、、

こんにちは。新田歯科の新田です。

蝉が鳴き始めましたね。しばらく続く雨が上がれば梅雨明けで夏本番ですね。

昨年はコロナ禍で夏らしいイベントはほとんどなく過ごしたのですが、今年はどうなるでしょうか。感染対策が施されている施設が増えてきていますので、何かしら子供達の思い出作りができればと模索中です。企業、会社、施設の関係者の皆様、ありがとうございます!

 

今年の初セミはアブラゼミでした!例年だと10匹に1匹くらいのまあまあレアキャラです。この夏は良いことがあるかもしれませんね。

こんにちは。

3回目の非常事態宣言はなんとなく1回目のような緊張感がないような気がしますね。。。

欧米ではすでに半数以上がワクチン接種済みの国もあるとか。早く全員に行き届いて欲しいです。関係者各位、どうぞよろしくお願い申しあげます。

我々には不要不急の外出を控えるくらいしかできませんが。。。

ということで、今年もベランダディナーです。休みの日はランチもベランダで楽しんでます。

 

今、ゆず入りビールが我が家のブームです。銀色のやつにゆずをたっぷり絞るとスッキリ爽やかな飲み物になります。ゆずがなかなか手に入らないので瓶入りのゆず果汁を使用しています。コップ一杯に大さじ一杯くらいでしょうか。

梅雨でじめじめスッキリしない季節におすすめです。お試しあれ。

(妻からの要請で写真を差し替えました(*_*)ちなみに私は全くお酒を飲まないので写真は妻のビールです。)

 

 

 

 

みなさん「はぎしり」についてご存知でしょうか。

漢字で書くと「歯軋り」、、、なんか怖い印象ですね。。。

貧乏ゆすりなどと同じで無意識の時に食いしばったり歯を擦り合わせたりして、上下の歯が不必要に接触している状態を「はぎしり(ブラキシズム)」と言います。日中起きているときに生じるものと、眠っている間に生じるものがあり、横方向にギリギリとこすり合わせるものをグライディング、上下の歯をぐっと噛みしめるものをクレンチングと呼びます。

「無意識」というのが非常に厄介で、本人も自覚がなかったり、自覚があっても止められないのです。「へーそんな人がいるんやねー関係ないけどー」と思ったあなた!逆に「自分にはブラキシズムがない」という根拠はありますか?私は2〜3割の人に多少なりともブラキシズムがあるのではないかと感じているくらいですので、他人事と思わず「かもしれない」と思って読み進めてください。

 

本来、上下の歯が食事や会話の時に接触する時間は24時間中15分程度と言われています。1日に1時間でもブラキシズムが発生するとそれだけで5倍歯を使うことになります。。。5年で20年分、10年で40年分、、、20年で一生分歯を使うことになってしまいますね。。。。股関節や背骨の軟骨と同じで使えば使いほどに歯もすり減ってしまいます。また、長時間にわたって歯や顎に力がかかり続けると、歯槽膿漏を悪化させたり、歯にクラックが入ってそこから虫歯になったり、顎の関節が調子を崩したりします。

 

歯槽膿漏と虫歯という歯を失う二大要因を加速させ、顎関節症を引き起こす可能性のあるものなのです。恐ろしいですね。。。

ストレスなどが原因といわれていますが、詳しいことはわかっておらず、原因を解決するのが難しいため、対症療法が中心となります。

一つは就寝時にマウスピースをつけていただき、物理的に歯並びを保護するという方法です。

もう一つは、美容整形で用いられる「ボトックス注射」を噛み合わせの筋肉に使う方法です。

前者は健康保険が使えますが後者は保険が効かないので自費治療となり、対応していない医院もあると思います。他にも細かいものはいくつもありますが、今のところこの二つが中心となります。

 

長い目で見たとき、健康への投資としてブラキシズムの治療はとても有効ですので、一度歯医者さんを受診して相談されることをお勧めします。

このようなセルフチェックでいくつも心当たりがある方は要注意です。

・朝起きると顎が疲れていたりだるかったりする

・家族に歯ぎしりを指摘された

・朝方や夕方など知覚過敏が強い時間帯がある

・前歯が横に一直線に削れている

・治療した歯がよく壊れる

・歯が欠けやすい、折れやすい、割れて抜歯になったことがある

・上顎の天井や下顎の内側に骨の隆起がある

・頬や舌に餃子の耳のような圧痕がある

 

 

みなさんもはぎしり対策をして歯並びを守りましょう!

実は私もボトックス注射とマウスピースを併用しています。コストはかかりますが、ブラキシズムによる症状にお困りの方にはメリット大でお勧めです。本当に楽になりました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いつもゆるっゆるの投稿ばかりなので今回は歯医者っぽい一面をお見せしました。まるで別人が書いたかのような投稿ですが、ゴーストライターではありませんよー。

こんにちは

先日、アジを狙って竿を出してきました。

 

 

数時間粘って釣れたのはこちらのあらかぶちゃん2匹、、、

 

まさにキーホルダーサイズ。。。

もちろんリリースです。

アジは釣れませんでしたが、のんびりと過ごせました。

 

 

 

 

 

おっと、スタッフの急な退職でバタバタ忙しくしてたら、あっという間に12月と1月が終わってしまった。

「矢の如し」とはうまく言ったもので、矢と同じで過ぎたものは戻ってきません。当たり前すぎてぐうの音も出ませんが、毎日毎日を大切に生きていかねばと思います。仕事に追われて大事なものが見えなくなってしまわないように。

ある日レジを閉めていたら、久しぶりに夏目漱石のお札を見ました。どこかに保管されていたのでしょうか、ピッカピカの新札でした。思わずパシャリ。このお札は2007年に発行が終わったそうです。もう14年前!?そんな感覚ですか?まさに光陰矢の如し。

先日、小一の息子が学校で木の実(マツボックリやどんぐりなど)を使うと言うので、虫取りを兼ねて小戸公園に行ってきました。

木の実もバッタも大漁でしたが、マツボックリがどれもあんまり開いていないんです。「きれいに開いてるのがないねー」と話すと、息子が「そりゃそうよ、昨日雨やったけん濡れて閉じとるよ」と。。。

「え、まつぼっくりって濡れたら閉じると!?」「そうよ、乾いたらまた開く」「!?知らんやったー。。。」

乾いて開いているまつぼっくりと挟まっていた種。

 

一晩水につけたマツボックリ。。。

上下の写真は同じマツボックリです。見事に閉じていますね。2日ほど乾かしたらまた開きました。

 

最近、息子の知識が上回る事象が増えてきました。成長が嬉しいやら少し寂しいやら。

台風の被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

台風一過でかなり涼しくなりましたね。

先日の台風で被害は出ていませんでしょうか。新田歯科では看板が取れちゃいました。。。やはり長崎を通る時は風が強いですね。とりあえずは飛んでいって建物や人に当たったりしなくて本当に良かったです。

上にある看板は実際より小さく見えるという話ですが、下に置くと結構おおきいんですね。。。夕日と朝日は大きく見えるけど日中の太陽は小さいのと同じ原理でしょう。

修理できるまで、しばらく看板なしの診療になりますね。

長らく更新が途絶え申し訳ございませんでした。災害のあった地域の1日も早い復興を祈っております。

コロナ渦で診療時間を短縮しておりましたが、これを機に水曜日を休診日といたしました。代わりに第1、3、5土曜日をお昼までだった診療を延長し、17:00まで診療いたします。

東京大阪では第二波とも言われる感染拡大が起こっております。辛い時期ですが、頑張って乗り越えましょう。

 

February, 26, 2020

新型コロナウイルスで苦しんでいる方々に心よりお見舞い申し上げます。一日でも早い収束を願っております。

 

春から福岡市内の多くの公立中学校の制服がブレザータイプになるんでしたね。私は首回りが非常に繊細で、あの学ランのエリが拷問だったのを覚えています。また、サッカー部の中でも特にフトモモの太かった私は普通のストレートズボンでは立っていてもパツパツでした。

私が中学生だった頃「学ラン廃止運動」を起こそうとしていたのを思い出しました。決まった制服を押し付けられている状況が納得いかない。どういう理屈でこんな不自由な服を着ないといけないのか。制服を着るか着ないか選ばせろ!制服を着るにしても制服自体を選ばせろ!と声高に叫んだものです。結局誰一人賛同を得られず、友達にも「まあまあ落ち着けよ」となだめられる始末。

当時私の中学校はめずらしく「男子全員坊主頭」を廃止したという進んだ中学校だったのですが(どんな田舎なんだ)、さすがに時代が早すぎたのでしょうか。まさか30年後に学ラン廃止を目の当たりにするとは、となかなか感慨深くこのブレザーを眺めておりました。そんな思い入れはともかく、首回りが繊細な人にとっては良い時代になりましたね。